2019/11/17

千住博、野地秩嘉(2005)「ニューヨーク美術案内」光文社新書

ニューヨークに住んでアーティスト活動を続ける千住博と、アートに造形の深い編集者・野地秩嘉が、ニューヨークの美術館をめぐりながら、アートに少し距離を感じている人々に対して、あらためてアート作品の楽しみ方を提案するという企画もの。冒頭で野地が描く、千住博との茶番トークを読めばわかるが、美術の世界を理解しているはずの2人が、弥次喜多珍道中のようなおちゃらけたテイストで最後までエッセイ調の軽いノリを突き通す。本当に美術やアートが苦手、あるいは敷居の高さを感じている人に向けて書かれた本でありながら、アートビジネスの裏側やアメリカならではのヨーロッパ美術界に対する姿勢などが随所に散りばめられており、美術やアートが好きな人でも最後まで読み切れば楽しめるかもしれない。タイトルからイメージをどうもつか、次第だがいわゆる批評のような文章を期待すると少しガッカリするかもしれない。一方で、15年近く前に書かれた書籍でありながら、ニューヨークのアートシーンの特性というものは本著で描き出されたものが今にも通用するのではないかと思う。といいつつ、実際にニューヨークのアートギャラリーで活躍する2019年のアーティストにはどう思われるかわからない。ニューヨークの地理的教材として読んだので、そういう点では楽しむことができた。